バブル期に資産運用を失敗した光学機器大手オリンパスが1千億円超の損失を隠すため、含み損を他のファンドに移す「飛ばし」や、企業買収の際に将来のブランド力などを反映させる「のれん代」の過大計上といった不正な会計処理をした。2011年に社長に就任し、解任されたマイケル・ウッドフォード氏が不透明な資金の流れを告発、発覚した。