1977年11月15日、新潟市立寄居中1年の横田めぐみさんが、バドミントン部の練習を終えて下校中に消息を絶った。北朝鮮側は2002年の日朝首脳会談で拉致を認め、めぐみさんについて「娘を出産し、93年に病院で自殺した」と説明。後に死亡年を94年と訂正した。「遺骨」も提供されたが、日本側の鑑定で別人のDNA型が検出され、説明に矛盾があるとして生存を前提に再調査を求めている。娘のキム・ウンギョンさんは87年、北朝鮮で韓国人拉致被害者の金英男(キム・ヨンナム)氏との間に生まれ、滋(しげる)さんと早紀江(さきえ)さんは14年3月にモンゴルで対面した。