戸籍法などに基づいて市区町村に届けられる出生、死亡、婚姻、離婚などの件数を厚生労働省が集計した統計。国の施策の基礎資料で、少子化対策でも参考にする。毎年12月に、その年の1~10月の速報値などを基に1年分を計算した年間推計を公表する。今年の速報値は現時点で8月分まで公表されている。毎年6月ごろに前年1年分の概数を公表、女性が生涯に産む子どもの推定人数を示す合計特殊出生率も算出する。9月には確定数を出している。