中国の海洋進出が活発になり、沖縄県・尖閣諸島を巡る対立が激しくなるのに伴い、防衛省は南西諸島で自衛隊の拠点づくりを強化してきた。日本最西端の沖縄県・与那国島には2016年、沿岸監視隊を配備。鹿児島県・奄美大島と沖縄県・宮古島には昨年から今年にかけて、ミサイル部隊が置かれた。沖縄では石垣島にもミサイル部隊を新設する計画で工事が始まっている。防衛省は「空白を埋め、離島の防衛力を強化する」と説明している。