秋の収穫に感謝し、悪霊をはらう古代ケルト人の祭りが起源とされる。米国ではキリスト教の聖人を祝う万聖節の前夜祭として、10月31日夜に子どもがお化けや魔女に仮装して近所を回り、菓子をもらったり、カボチャを顔の形にくりぬき、中にろうそくを入れて飾ったりする風習が定着した。日本でも2000年代に入って関連の催しが増加し、若者らが仮装して繁華街に集まるようになった。