県立学校の教職員が公務で公用車以外の車を条件付きで運転できるよう2004年に策定。校長が(1)災害時(2)公共交通機関の利用が困難な時間帯、地域(3)多量の物品の搬送-など「やむを得ない」と認めて許可すれば、登録されたマイカーに生徒らを乗せて移動できる。部活動では大会などが公務扱い。練習試合などは公務外と見なし、マイカーやレンタカーなどの使用を一切禁じていたが、今後は公務の場合と同様に条件付きで認める方針となった。