銀行が別の銀行に送金する際に支払う手数料は「銀行間手数料」と呼ばれる。送金額が3万円未満は117円、3万円以上なら162円で事実上固定されており、利用者の支払う振込手数料に転嫁されている。銀行間手数料が実際のコストよりも高く設定されている結果、振込手数料の高止まりを招いていると政府が問題視し、是正を求めていた。