日本と英国の2国間で、物品の関税削減や投資・サービスのルールなどを協議する交渉。英国の欧州連合(EU)離脱による今年末までの移行期間の終了後も、円滑にビジネスを継続できるよう来年1月の協定発効を目指す。両政府は今年6月に交渉を開始。今月7日に英国で行われた閣僚会談で、大半の分野で実質合意した。日本から輸出する自動車の関税については段階的に下げ、2026年に撤廃することで一致している。