かんぽ生命保険が日本郵便に委託する保険販売で、旧契約を解約し新契約に加入する「乗り換え」をさせ、顧客に新旧の保険料を二重払いさせるなどしていた。全国に約2万局ある郵便局のうち2921局でこうした不正があったと報告された。乗り換え契約が営業成績に加算されたため、郵便局員らが営業ノルマの達成や成果給の引き上げを狙い、法令や社内規則に違反する不正が横行していた。