シンガポール国籍のゴー・ハップジン氏の一族が率いる塗料大手。ハップジン氏が代表を務める投資会社が、香港やシンガポールなどを拠点に事業を展開。これらの投資会社は株式を公開しておらず、グループ全体の売上高は不明。日本ペイントと協業関係を巡って折り合えず2013年に事実上の買収を提案したが、撤回した経緯がある。