女性活躍・ハラスメント規制法が2019年5月に成立し、企業にパワハラ防止対策を義務付けた。大企業の施行は20年6月。中小企業は努力義務として始まり22年4月に義務化される。10の対策が義務付けられ、就業規則などでパワハラをしてはいけないことを周知することや、相談体制の整備、被害者のケアなどを求めた。パワハラ行為に対する罰則を伴う禁止規定はないが、違反企業には行政が勧告でき、従わない場合は企業名を公表する。