国内に住む20歳以上60歳未満の人に全員、加入が義務付けられる国民年金と、会社員や公務員ら向けの厚生年金の総称。国民年金は基礎年金とも呼ばれ、受給資格を得るには、保険料を原則10年以上払う必要がある。厚生年金はフルタイムとして働く人は企業規模に関係なく加入義務があり、保険料率は18.3%に固定され労使折半。保険料の額は収入により異なる。国民年金は保険料を40年間納めた満額でも受取額は月約6万5千円にとどまり、給付水準の向上が課題となっている。