政府が翌年度の1年間に必要な経費を計上した予算。各省庁が8月に概算要求し、財務省の査定を経て12月に閣議決定する。年明けの通常国会で審議し、通常は3月末までに成立させる。2020年度は、自然災害からの復旧や景気刺激のため、19年度補正予算と「15カ月予算」として一体編成し、5日に決定した事業規模26兆円の経済対策が反映される。