日米両国が署名した農産物や工業製品の関税分野に絞った貿易協定。環太平洋連携協定(TPP)を離脱したトランプ米政権が対日貿易赤字を問題視し、農産物輸出の増加を図ろうと日本に締結を求めた。牛肉など米国が主力とする農産物への関税は発効済みのTPP水準まで一気に引き下げるが、日本が輸出する自動車と関連部品はTPPとは違い、関税撤廃の対象ではなくなった。日米両国はデジタル貿易分野の協定にも署名した。