取引上の地位が優越している企業が取引先に不当に不利益を与える行為。公正で自由な競争を企業に促すルールを定めた独禁法で禁止されており、公正取引委員会が違反を認定すれば排除措置命令などの行政処分を出す。幅広い分野に適用事例が広がっており、最近ではコンビニ大手とフランチャイズ契約する店舗オーナーの保護で用いられた。