大阪市の人工島・夢洲(ゆめしま)で2025年に開く国際博覧会(万博)で、日本で開催される大規模な万博は1970年の大阪、2005年の愛知に続き3回目となる。テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。健康・医療に関する先端技術の展示が検討されており、約2800万人の来場者と約2兆円の経済波及効果を見込む。