需要と供給に応じて商品の価格を柔軟に変動させる仕組み。定価販売で商品が売れ残ったときや、より高値で売ることができた場合の機会損失を減らす狙いがある。国内では航空券やホテルの宿泊料金のほか、駐車場料金や小売業などでも導入や実験が進んでいる。人工知能(AI)の発達で膨大なデータ処理と需要予測が可能になったことが背景にある。