国は1986年、有明海の諫早湾で農地確保と低地の高潮対策を目的として事業に着手。97年に湾内を全長約7キロの潮受け堤防で閉め切った。堤防の内側に約670ヘクタールの農地と、農業用水を供給する調整池約2600ヘクタールを整備。排水門は堤防の北側と南側に設置され、2008年に営農が始まった。総事業費は約2530億円。漁業者は潮流の変化などによる漁業被害が生じたとして開門を要求。国や長崎県は漁場改善事業を02年度から始め、17年3月末までに約520億円を拠出した。