パチンコ店やビリヤード場などにも課税した地方税の「娯楽施設利用税」が前身で、1989年の消費税導入時にゴルフ場に限定して創設された。税額は全国平均で1人1日当たり650円(2017年度)。都道府県は、ゴルフ場の規模などに応じ1200円を上限に課税額を決定できる。ゴルフ関連団体は消費税との二重課税になっていると批判、廃止を求めている。