乳房にできる悪性腫瘍。乳房は母乳をつくる乳腺、母乳を運ぶ乳管、脂肪などからなる。しこりとして気付く場合や、乳房周辺のリンパ節、肺や肝臓など他の臓器に転移して発見されることがある。女性では30代から増え始め、40代後半から50代前半がピーク。発生には女性ホルモンが関わっているとされる。男性の乳がんもある。切除手術や放射線治療、薬物療法があり、進行状況や年齢などに応じて選択する。