豚やイノシシ特有の家畜伝染病で、発熱や食欲減退などの症状が現れる。感染力が強く、致死率が高いのが特徴。人にはうつらず、感染した豚の肉を食べても影響はない。国内では1992年以降、未確認だったが、岐阜市内の養豚場で昨年9月、26年ぶりに確認された。