「生命の設計図」とされるDNAの塩基配列を高い精度で書き換えられる技術。特定の遺伝子を働かなくしたり、改変対象の生物に新しい機能を持たせたりすることができる。2012年に「クリスパー・キャス9」という簡便な方法が開発され、家畜や農作物の品種改良への利用が活発化。国内では、収量の多いイネや肉が多いマダイの開発が報告された。人間の病気の治療を目指した研究も行われている。