自民党の幹事長、総務会長、政調会長、選対委員長の総称。首相を兼ねる場合が多い総裁に代わり、党運営に責任を負う。幹事長は国会対応や選挙対策、資金配分など党務全般を取り仕切る。総務会長は常設の最高意思決定機関である総務会のまとめ役で、政調会長は政策立案の責任者。選挙対応に当たる選対委員長は2007年、当時の福田康夫総裁が従来の党三役と同格に引き上げた。任期はいずれも1年で、再任できる。副総裁は常設でないため党四役に含まれない。