日米両政府は昨年9月にニューヨークで行った首脳会談で貿易交渉入りを決めた。トランプ米大統領は農産物などの対日輸出拡大を目指し、早期合意を日本に要求。日米は閣僚協議を断続的に開き、今年8月下旬に大枠合意に達した。9月中の協定署名を目指している。貿易協定では、関税に加えてデジタル貿易に関する共通ルールも盛り込む方針。(ワシントン共同)