金融庁が法律に基づき、金融機関が健全で適切な業務運営をしているかどうかを調べること。銀行や保険会社、信用金庫などが対象。本支店への立ち入りに加えて書類提出や聞き取りを組み合わせるのが通例。内部管理上の問題や法令違反があれば、業務改善命令や業務停止命令といった行政処分に踏み切って是正させる。資料の隠蔽(いんぺい)や虚偽の説明は「検査忌避」に当たり、悪質な場合は刑事告発の対象となる。