米国の就業者数や失業率、賃金など労働市場に関する統計。米労働省が毎月上旬の金曜日に前月分を発表する。米国の経済状況を反映する重要な指標の一つで、市場関係者の注目度が高い。統計の内容によっては株価や外国為替相場が大きく変動する。米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)も金融政策を決定する際に重視している。(ワシントン共同)