2014年10月に通信大手の回線を借りてサービスを提供する格安スマートフォン事業に参入した。フリーテルといった競合他社を買収して規模を拡大し、契約者数は約220万人。今年10月からは自前の回線を使う携帯事業を始め、NTTドコモなど3社に対抗する「第4の携帯」として、どこまでシェアを伸ばせるか注目を集めている。