裁判記録は訴状をはじめ、原告や被告が出した書類、法廷やりとりの記録など全てをとじた文書。通常の民事裁判の場合、判決確定や和解で裁判が終わった後、一審の裁判所が5年間保存する。その後は廃棄されるが「史料または参考資料」になるものは特別保存の措置をとり事実上永久保存することが裁判所の規定で義務づけられている。判決文は別扱いで50年保存。一方、刑事裁判の記録は一審を担当した検察庁が保管する。米国などでは重要裁判をはじめ多くの裁判記録が永久保存される。