<2015年ワールドカップ(W杯)日本-南アフリカ>前半はともにモールからトライを挙げて10-12で折り返した。後半はFB五郎丸のPGで食らい付き、28分はバックスのサインプレーが決まり五郎丸がトライ。29-32で迎えた終了間際は反則をもらうとPGではなく逆転を目指してスクラムを選択。連続攻撃の後、右隅のラックから左に展開し、CTB立川が2人を飛ばして大きくパス。ナンバー8マフィが左に移動しながら進み、最後は途中出場のWTBヘスケスが左隅に飛び込んで34-32で勝利した。