先進7カ国(G7)首脳による国際会議。自由、民主主義などの価値観を共有する先進国が経済や安全保障、地域情勢といった重要課題について話し合う。サミットは英語で「山頂」の意味。参加国は日本、米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ。各国持ち回りで毎年開かれ、今回はフランスで実施。来年は米国開催となる。会議には欧州連合(EU)も参加する。1975年に石油危機を受け開かれたのが始まり。冷戦終結後にロシアが加わり一時G8となった。