昨年9月の日米首脳会談で関税交渉入りが決まり、閣僚協議を今年4月に開始した。日米両政府は遅くとも9月までに合意を目指す方針で一致している。トランプ米大統領は関税引き下げで対日輸出を増やし、問題視する貿易赤字の解消を図りたい考え。米国は牛肉や豚肉、小麦、乳製品の交渉を優先課題とする一方、日本は自動車関税の撤廃を要求している。