米カンザスシティー連邦準備銀行が西部ワイオミング州の保養地ジャクソンホールで毎年8月下旬に開く経済シンポジウム。各国の中央銀行首脳や著名エコノミストらが参加し、金融政策について議論する。米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演がメインイベントになることが多く、市場関係者の注目度が高い。2010年には当時のバーナンキ議長が国債購入による景気刺激策「量的緩和第2弾」を予告した。(ジャクソンホール共同)