翌年度の予算編成に向けて、中央省庁が政策の経費や人件費などの見積額を取りまとめて財務省に提出し、予算を要求すること。政府は例年、予算の膨張に歯止めをかける概算要求基準を夏ごろに策定。この基準に沿って各省庁が8月末までに要求する。その後、財務省と各省庁との折衝で必要額を絞り込み、12月下旬に政府予算案を閣議決定する。