<軍事情報包括保護協定(GSOMIA)>国や機関同士で軍事上の機密情報を提供し合う際、第三国への漏えいを防ぐために結ぶ協定。秘密保全の対象は軍事技術だけでなく、戦術データや暗号情報、高度のシステム統合技術など広範囲に及ぶ。日本は米国や北大西洋条約機構(NATO)、フランス、オーストラリアなどと同種の協定を結んでおり、韓国とは2016年11月23日に締結。日韓協定の効力は1年で、90日前に終了の意思をどちらかが書面で伝えない限り、毎年自動更新される。協定によって提供された情報は終了後も保護される。General Security of Military Information Agreementの略。(ソウル共同)