所得は会社員の「給与所得」、農漁業や自営業者の「事業所得」、土地や株の「譲渡所得」など10種類に分類され、所得税の課税対象となる範囲(課税所得)がそれぞれ異なる。税率は5~45%の7段階あり、課税所得が一定金額を超える度に、超した部分に高い税率を課す超過累進制で税額を計算する。課税所得が250万円の場合、195万円は5%、残り55万円は10%の税率となる。一方、株の売却益は他の課税所得と合算せず、額の多寡にかかわらず15%の税率で税額を算出する。