欧米の帝国主義列強がアジアを支配していたころも独立を維持した、東南アジアの立憲君主国。人口は約6900万人で、首都バンコクには約880万人が住む。1992年以降、民主政権が続いたが、2006年に軍がクーデターでタクシン首相を失脚させると、地方の貧困層中心のタクシン派と、軍や財閥など既得権益層を軸とする反タクシン派の対立が激化。タクシン派は11年総選挙で政権を奪還したが、14年5月のクーデターで軍が権力を掌握した。(バンコク共同)