第70回東奥賞決まる 12月2日に贈呈式

 東奥日報社は本年度の第70回東奥賞を、ロシアのタタール国立歌劇場バレエ団のバレエダンサー・大川(おおかわ)航矢(こうや)さん(25)=青森市出身=と、むつ市の奥内歌舞伎保存会(井田昌則会長)に贈ることを決めました。贈呈式は12月2日午前11時から、青森市のホテル青森で行います。

 東奥賞は東奥日報社が1948年に制定。2016年度までに県内外の各分野で活躍し、郷土の発展に貢献した161個人・83団体に東奥賞、9人に特別賞、7人に特別顕彰、2人に特別栄誉賞、1人に特別大賞を贈りました。本年度の受賞者の功績は11月19日付朝刊で紹介します。

                       ◇

◇東奥賞
写真 大川航矢さん(青森市出身、ロシア在住)

 世界三大バレエコンクールの一つで、今年のモスクワ国際バレエコンクール男性シニア部門デュエットで1位。シニアでの日本人1位は24年ぶりの快挙


奥内歌舞伎保存会(むつ市)

 120年以上前から上演され、一度は途絶えた奥内歌舞伎を復活させ、今年で20周年。大人だけでなく、地域の子どもたちが出演する「子ども歌舞伎」を続け、伝統文化の後継者を育成