年間予定

◎東奥日報文化財団 22年事業計画決まる

・「愛を描いて55年 はりやまたづ子展 郷愁・慈愛・花頌美」(6月17日~26日
・「アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展」(7月9日~8月28日)
・「狂言青森特別公演」(11月15日)

 東奥日報文化財団(理事長・塩越隆雄東奥日報社代表取締役)は青森市の東奥日報新町ビルで、理事会と評議員会を開き、2022年の事業計画などを決めた。主要事業として7月9日~8月28日に同ビルで開く「アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展」を含む3事業を行う。アルフォンス・ミュシャは、19世紀末にヨーロッパに起こった芸術運動アールヌーボーの画家。ポスター作品や装飾パネルなど400点余を展示する。
 

 

 

 

 

 


 

2022年の事業計画を決めた東奥日報文化財団の理事会

 理事会で塩越理事長は「コロナで各種事業は停滞しているが、新町ビルでの催しは、ワンフロアの使いやすさなどを評価してもらっている。来年に向け、ビルを中心に、少しでもプラスとしていきたい」とあいさつした。
 主要事業はほかに「愛を描いて55年~はりやまたづ子展」(6月17~26日、東奥日報新町ビル)、狂言青森特別公演(11月15日、リンクステーションホール青森)。
  また県文芸大会、東奥児童美術展、同書道展、日本の書展兼公募青森県書道展、各種囲碁・将棋・連珠大会など、東奥日報社が長年取り組んできた事業を共催する。

 

◎年間予定

※新型コロナウイルス感染拡大の影響で内容に変更があります。詳しくは事務局までお問い合わせください

令和4年 主 催 事 業  (令和4年2月28日現在予定)

1月

将棋:王将戦

2月

第11回東奥児童書道展
将棋:県女流名人戦、小学生名人戦県大会 囲碁:県下囲碁名人戦

3月

■東奥文化選奨表彰式
将棋:有段者選手権

4月

将棋:みちのく名人戦、初段位獲得戦
囲碁:春季東奥日報社杯県下囲碁大会

5月

将棋:二段位獲得戦、県名人戦、県将棋まつり

囲碁:県下小・中学生囲碁名人戦

6月

●愛を描いて55年はりやまたづ子展(6/17~6/26)
将棋:小・中学生選手権、三段位獲得戦
囲碁:親子・男女ペア囲碁大会

7月

●アルフォンス・ミュシャ展(7/9~8/28)
将棋:四段位獲得戦、家族・ペアリレー大会
囲碁:全国少年少女囲碁大会県予選
連珠:青森県選手権

8月

第76回県俳句大会
将棋:夏休み少年少女入門教室・大会

9月

第50回日本の書展兼第21回公募青森県書道展
第76回県川柳大会
将棋:杉野杯、初段位獲得戦

10

第76回県短歌大会
囲碁:囲碁フェスティバル大会(王座戦、団体戦)

11

●狂言青森特別公演(11/15)
将棋:りんご将棋大会、小・中学生名人戦  
囲碁:県下最強者決定戦
連珠:青森県名人戦
第90回東奥児童美術展

12

第20回東奥少年少女文芸大会募集 (紙上展 翌年2月)
第12回東奥児童書道展作品募集(展示 翌年2月)