こどもの文化事業助成制度

 ◎2019年度こどもの文化事業助成制度

2019年度こどもの文化事業助成制度助成事業決定

こどもの文化活動助成 本年度、9事業に決まる

 東奥日報文化財団(理事長・塩越隆雄東奥日報社社長)は、文化活動の底辺拡大と活性化の一環で創設した「こどもの文化事業助成制度」の2019年度分として、9事業に助成金を贈ることを決めた。
 同制度は子供たちの豊かな感性や創造性を育み、健やかな成長につながる文化的活動の支援を目的としている。助成額は1事業10万円程度または5万円。

助成先は次の通り。
▽深浦町立岩崎中学校=伝統芸能『十二湖太鼓』の復活と継承(伝統芸能継承と地域貢献)
▽青森大学オープンカレッジ=あおもりジュニア夢カレッジ・2019(大学の先生方の出前授業)
▽パーカッショングループ〈ファルサ〉=パーカッショングループ〈ファルサ〉創立40周年記念「打楽器フェスティバル ひろさき」(近隣の学生への指導・発表会)
▽つがる市子どもふるさと検定実行委員会=つがる市子どもふるさと検定(市の歴史・文化の継承)
▽青森県合唱連盟=2019年度全日本合唱コンクール小学校部門課題曲講習会(小学生への合唱指導)
▽劇団青森どまんなか=「あかりと言葉のタイムカプセル」夢のかたちはねぶたから(ねぶた制作の技法継承)
▽青森中央学院大学=あおもりの在来野菜の収穫&料理体験会~「農」から触れるあおもりのSDGs~(青森在来種野菜の収穫・料理体験)
▽サマーダンスセミナー実行委員会=第5回サマーダンスセミナーin南郷(小・中・高校生への指導・発表)
▽三浦音楽事務所=基礎から学ぶ声のトレーニング(プロ声楽家の子どもたちへの無料指導)

詳細はこちら

 

 A)趣旨 
次代を担う青森県の子どもたちの瑞々しい感性、豊かな創造性を育み、健やかな成長に資する文化的活動を支援する


B)対象者
原則として、県内に活動拠点を置く団体で、1年以上継続して組織があり、事業計画書と事業報告書、予算書及び決算書を示すことができる団体。ただし、学校・幼稚園・保育所等の部活動・行事は除く


C)対象事業
次の要件を満たし、当財団が意義を認めたもの
・子どもを対象にした営利を目的としない事業
・対象は高校生以下とする
・不特定多数のものの利益に寄与することを目的とする
<例>広域的な大会、研修、講演会、催しなど。初開催、第10回大会、団体設立20周年等の節目の事業など


【対象経費】
会場使用料、謝金、旅費、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、その他当財団が必要と認める経費
※助成対象事業遂行に係る経費に限る。団体運営費や他事業等への使用は認めない


【助成額】
 原則として1事業10万円程度または5万円とする。


※留意事項
助成事業の内容あるいは費用を大幅に変更する場合、または事業を廃止する場合は必要な書類を提出する
助成事業が期間内に終了しない場合、または、事業の遂行が困難になった場合は、速やかに連絡する
助成事業が廃止又は変更され、助成金の全額または一部の額が不要となった場合は、速やかに返却すること
事業が完了した日から起算して30日以内に指定書類を提出する(事業報告書、収支決算書、助成事業に係る領収書等)

⇒過去の対象事業はこちら