JOMON世界遺産登録までの道のり
~新聞記事で振り返る三内丸山遺跡発掘開始からの30年~

 講師  岡田 康博(おかだ やすひろ)
 1957年弘前市生まれ。三内丸山遺跡の発掘に深く関わり、三内丸山遺跡発掘調査責任者、文化庁記念物課文化財調査官を務め、現在は世界文化遺産登録専門監を担当。縄文遺跡群の世界遺産登録のキーパーソンを迎え当時を振り返ります。


 
 
 


JOMONビスコッティを作ろう!
~縄文の食材と製法でつくる“お店の味”~

 講師  関 浩司(せき こうじ)
 弘前市の洋菓子店「ボンジュール」のオーナーパティシエ。縄文遺跡群の世界遺産登録を記念して創作したビスコッティの製法を大公開。縄文時代の食材と製法をイメージしながら、みなさんと一緒に作って、食べて、愉しく“JOMON”を学びます。


 会場  東奥日報新町ビル New’sホール3F(青森市新町2-2-11)
※東奥日報社本社(第二問屋町)ではございません。

 応募受付  9月6日(月)必着 引き続きご応募できます

 応募方法  下記応募フォームより応募いただくか、はがきで (1)郵便番号 (2)住所 (3)氏名 (4)生年月日 (5)性別 (6)電話番号 (7)参加を希望する回(1部・2部・両方)を明記の上、ご応募ください。
〒030-0180 青森市第二問屋町3-1-89
東奥日報社広告局「JOMON」係まで。
※寄せられた個人情報は、当企画以外の目的に使用することはありません。
※応募者多数の場合は抽選となり、当選者にのみ聴講券をお送りいたします。

 応募フォーム  こちらから入り、必要事項を記入の上送信してください。

 ライブ配信について

第1部はどなたでもライブ配信でご視聴できます。事前申し込みは不要です。
抽選に漏れてしまった方や会場にお越しになれない方はぜひご利用ください。「YouTube」を視聴できる環境から配信ページにアクセスしてください。

■配信ページはこちら
(Web東奥内の配信ページへ)

■ご視聴いただいた方へ
ご視聴後に簡単なアンケートへのご協力をお願いいたします。
アンケートフォームはこちら(準備中)

新型コロナウイルス感染防止の観点から、検温、手指の消毒、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保等の対策を講じてイベントを実施いたします。また、37.5度以上の発熱がある方や体調が優れない方は参加を控えていただきますようご協力をお願いいたします。

 お問い合わせ先 

東奥日報社広告局営業部
TEL.017-739-1181  (平日9:00~17:00)

■主催/東奥日報社 共催/青森県
■本事業は、青森県が実施する「あおもりJOMONプロモーション企画運営業務」による企画提案採択事業の一つです。