東奥情報懇談会  ~的確な情報をあなたに  

 東奥日報社では会員制による「東奥情報懇談会」を毎月開催しております。政治・経済・文化など、各分野で活躍されている講師を招き、新聞、テレビなどでは語れない「生の情報」を提供しており、臨場感あふれる「ここだけの話」がご好評を得ています。
 情報過多の現代社会。「東奥情報懇談会」は正しい情報をいち早く伝え、より良い判断ができる素材を提供します。
 
<これまでの主な講師>
     敬称略、肩書きは当時


後藤 謙次 政治ジャーナリスト

江川 紹子 ジャーナリスト

蓮池 薫
新潟産業大学経済学部准教授

○東奥情報懇談会のきまり

1. 原則として毎月1回、講演会を開催します
1. 入会金は不要、会費は1会員につき年12万円(月額10,000円、消費税別、資料代等を含む)で、
3カ月分ずつ(3-5月、6-8月、9-11月、12-2月)前納していただきます
1. 講演会出席は1会員につき1名といたします(代理者出席を認めます)
会員または代理者が出席しない場合でも会費の返金はいたしません
1. 住所・役職者等の変更は速やかにお知らせください
退会の場合は1カ月前にご通知ください
 

○特典

・情報小冊子「政経週報」を毎週、雑誌「プレジデント」
 を月2回送付します
・東奥年鑑を発行日に贈呈します
 など
 

○講演会場

・青森会場 ホテル青森
 

○入会のご案内

・入会は随時受け付けております。
 お問い合わせは下記まで。
 
 〒030-0801
 青森市新町2丁目2番11号

 東奥日報社事業局事業部内
 東奥情報懇談会事務局

 TEL:017-718-1135
 FAX:017-718-1132
 

○3月例会のお知らせ

2021年3月の東奥情報懇談会は、3月17日(水)正午から(講演開始午後1時)、ホテル青森3階「孔雀の間」で開催します。講師は青森ねぶた制作者の竹浪比呂央(たけなみ・ひろお)氏。「コロナ禍における ねぶたその表現」と題し、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため祭りが中止された昨年を振り返りつつ、今後の展望について講演します。

竹浪氏は1959年、木造町(現つがる市)生まれ。東北薬科大学(現東北医科薬科大学)を卒業、薬剤師として調剤薬局に勤務する傍ら、89年の青森ねぶた祭で大型ねぶた制作者としてデビュー。ねぶた大賞6回、最優秀製作者賞7回受賞。

2020年、疫病退散の願いを込め「鍾馗」の絵を100日連続で描きインスタグラムにアップ。屏風に仕立て青森県立美術館で展示するとともに、画集を刊行しました。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、受付での検温、マスク着用、手指のアルコール消毒にご協力ください。
 

○過去の講師一覧(2017~)

・2017年
・2018年
・2019年
・2020年