離れた所に住みながらも、地域に関心を寄せ、多様なかたちで地域とつながっている人たち。それが「関係人口」と呼ばれる存在です。
 関係人口と協働して、地元では気付かない魅力や課題解決の新たな手法を用いて地域の活性化につなげる活動が、既に青森県内でも進行中。県内各地で関係人口を活用した地域活性化に挑む方々の思いを3回シリーズで紹介します。
 

 ■新聞連載は随時公開いたします! お楽しみに!!

Case.01
大鰐町編 (3月13日掲載)
【大鰐駅前から温泉街再生の夢描く】

 

Case.02
弘南鉄道編 (3月16日掲載)
【弘南線の魅力結集。未来へつなぐ鉄路】

 

Case.03
コーディネーター座談会編(3月20日掲載)
【外から見たら こんなにスゴイ。「思い」つなぎ、地元のやりがい引き出す】