東奥日報タブスマ・利用規約

お申し込みの際は、以下の利用規約に同意の上、ご利用願います。
本規約に同意いただけない場合は、お申し込みいただけません。
ご利用に際し、必ずお読みください。

≪第1章 総則≫

第1条 本規約の範囲

 本規約は東奥日報社(以下東奥日報)がインターネットを使った情報提供サービス(東奥日報タブスマ)を契約者(以下利用者)に提供する際に適用する

第2条 利用者

 東奥日報の指定する手続きにもとづき、本規約を承認の上、東奥日報に申し込み、東奥日報が承認し、サービス提供の契約をした方を利用者と認定する。ただし、利用者は東奥日報本紙の購読者または東奥日報電子版の購読者であることが条件となる

第3条 機器

 東奥日報タブスマを利用するのために必要なタブレット端末、スマートフォン端末などの機器は利用者が用意するものとする

第4条 著作権

 東奥日報タブスマの著作権は東奥日報に帰属する

第5条 東奥日報タブスマ記事の二次利用

 提供される東奥日報タブスマの記事は原則的に複製、編集、加工、発信、販売、出版を禁じる。利用者個人が同所有の機器で私的に利用することは認められるが、表示された情報(データファイル)は利用者所有の1機器でしか閲覧できないことをあらかじめ了承いただく

第6条 規約の変更

 東奥日報は情報提供システムの改善などのため、本規約の一部を変更する場合がある。変更に際しては、その内容を利用者に直接、もしくはアプリケーション上で案内する

第7条 東奥日報タブスマの休廃刊

 東奥日報本紙の朝夕刊の休刊日は東奥日報タブスマも休刊となる。このほか、東奥日報は契約有効期間中の利用者への東奥日 報タブスマ提供を保証した上で、合理的予告期間をもって、東奥日報タブスマそのものを休廃刊することができる。休廃刊については利用者に直接、もしくはそ の他東奥日報が提供する手段を通じ、発表・告知する。

≪第2章 申し込みと契約≫

第8条 申し込み

 利用者は東奥日報社のウェブサイトから申し込み手続きができる。これを受け東奥日報は申し込 み者の購読確認を行い、正式登録とする。当サービスの利用料金は無料とする。ただし、プロバイダや携帯端末の通信事業者などに支払う通信費は利用者の負担 となる。

第9条 購読の確認

 東奥日報タブスマの利用には東奥日報本紙の購読者または東奥日報電子版の購読者であることが条件となるため、申し込み者の購読が確認できなかった時点で、登録を無効とする。

第10条 利用申し込みの拒否、契約の取り消し

 以下の項目に該当する場合、東奥日報は利用申し込み者への東奥日報タブスマの提供を断り、または利用契約を取り消し、提供を中止する

≪第3章 利用条件≫

第11条 提供開始

 東奥日報タブスマは当日の朝刊が午前5時から、夕刊は午後4時から閲覧可能となる

第12条 閲覧期間

 当日(アクセスした日)から過去1週間分

第13条 東奥日報タブスマ提供の一時的な中断

 東奥日報は以下に該当する場合には、利用者に事前に連絡することなく、やむを得ず一時的に東奥日報タブスマの提供を中断する場合がある。この場合、東奥日報はできるだけ速やかに、提供できる状態に復するよう最大限の努力をする

第14条 東奥日報タブスマの提供の遅れ、消失

 インターネットおよびネットワークの問題などに起因する東奥日報タブスマの提供の遅れ、消失については、東奥日報は責任を負わない。ただし、東奥日報に完全な責任がある場合は、何らかの手段を講じて再提供する

≪第4章 個人情報≫

第15条 個人情報

 利用者が登録に際して届け出た個人情報は、東奥日報タブスマ契約などに関する事務手続きのほか、東奥日報や提携企業からの各種ご連絡、事業・出版物などの案内に利用する場合がある。ただし、東奥日報が起因する情報の漏洩に関しては東奥日報が責任を負う

≪第5章 一般事項≫

第16条 損害賠償

 東奥日報は東奥日報タブスマ提供、提供の中断、提供中の事故などによって、直接または間接的に生じた利用者またはそれ以 外の第三者の損害については、その内容、方法の如何にかかわらず賠償の責任を負わない。また、利用者は東奥日報タブスマに基づく第三者との損害賠償請求な どの訴訟に、東奥日報を引き込まないことに同意するものとする。利用者が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって、東奥日報に損害を与 えた場合、東奥日報は当該利用者に対して相応の損害賠償の請求ができるものとする

第17条 適用法

 本規約の実施に際して適用する法律は、日本国内法とする

第18条 専属的合意管轄裁判所

 利用者と東奥日報の間で、訴訟の必要が生じた場合、東奥日報の本社所在地を管轄する裁判所を利用者と東奥日報の専属的合意管轄裁判所とする