会員規約

「東奥日報デジタルポート」利用規約

第1章 サービスの目的と利用

  1. 株式会社東奥日報社(以下「弊社」といいます)は弊社が運営・提供する、インターネットを利用したサービス(以下「本サー ビス」といいます)「東奥日報デジタルポート」の会員規約(以下「本規約」といいます)を以下のように定めます。本規約は、弊社に本サービスID(本規約に おいて、本サービスを利用するために必要となるID)の登録を申し込み、弊社が登録を認めたユーザー(以下 「利用者」といいます)に適用されます。本サービスは、記事データベースなどの利用のために用います。将来、さまざまなサービスを追加したり、変更または 停止・廃止することがあります。本サービスにご登録いただく際には、本規約のすべての内容に同意いただくことになります。同意されない場合は、ご利用いた だくことができません。また、利用に際しては本規約を遵守してください。
  2. 本サービスの各個別サービスに関して個別に規約(以下「個別サービス規約」といいます)が存在する場合、本規約は、別段の 定めがない限り、またはその性質に反しない限り、かかる個別サービス規約に対して直接または適切な読み替えを行った上で適用されるものとします。また、各 個別サービス規約において本規約と異なる事項を定めたときは、当該個別サービス規約の定めが優先して適用されるものとします。
  3. 本サービス利用に必要な通信機器の準備、通信費やネットワーク接続費等は利用者が負うものとします。

第2章 サービス内容の保証、変更

  1. 弊社は、提供する本サービスまたは個別サービスの内容について、瑕疵(かし)やバグがないことを保証しておりません。また 弊社は、利用者にあらかじめ通知することなくサービスの内容や仕様を変更したり、提供を停止または廃止することができるものとします。当該サービスの停止 または廃止には、システムの保守や、天災などに起因するものも含まれます。
  2. 前項に基づき本サービスまたは個別サービスの内容が変更、停止または廃止された場合、弊社は、これに起因して生じた利用者または第三者が被った損害について、一切責任を負わないものとします。

第3章 サービスの利用制限

  1. 弊社は、本サービスまたは個別サービスのご利用を、本サービスまたは個別サービスに登録された方に限定するなど、利用に際 して条件を付すことができるものとします。また、弊社は反社会的勢力の構成員 (過去に構成員であった方を含みます)およびその関係者や、本サービスまたは個別サービスを悪用したり、第三者に迷惑をかけたりするような利用者の利用を お断りしています。

第4章 サービスのID登録情報とパスワードに関する利用者の責任

  1. 本サービスのIDを登録していただく場合、(1)真実かつ正確な情報を登録していただくこと、(2)登録内容が最新となる よう利用者ご自身で適宜修正していただくことが利用者の義務となります。本規約及び弊社が定める方法により、本サービスの提供をお申し込みください。利用 者に登録していただく情報は、利用者が主として利用しているメールアドレスおよび弊社が定めた利用者の各種情報といたします。本サービスの登録情報と一致 する利用者であることを確認するために、任意のパスワードを設定していただきます。
  2. 利用者は、本サービスのID、パスワード等を厳重に管理するものとし、第三者への譲渡、貸与等はできません。ID等の管理不十分、使用上のミス、第三者の使用による損害の責任は、利用者自身が負うものとし、弊社は一切の責任を負いません。

第5章  個人情報の取り扱い

個人認証情報および弊社が取得した利用者に関する情報(以下「個人情報」といいます)は、『プライバシーポリシー』(https://www.toonippo.co.jp/list/company/copyright/)に基づき、適切に取り扱うものとします。
利用者が本サービスから退会した場合、または弊社が利用者の本サービスの利用を停止した場合、弊社が定める一定期間、登録情報を引き続き保有し、料金回収や問い合わせ対応など、本サービスの運営に必要な場合に利用できるものとします。

第6章 個人情報の収集・取得と利用目的

  1. 利用者は、弊社の各種手続きおよび本サービスの利用を通じて、本サービスが知り得た当該利用者の個人情報を、弊社が次の各号に定める利用目的の遂行に必要な範囲内で収集・取得し、これを当該利用目的の範囲内で利用することに同意するものとします。
    1. 本サービスまたは各個別サービスで定める利用者資格要件の確認のため
    2. 本サービスの運営上必要な事項を利用者に知らせるため
    3. 新聞、出版物、電子メディアサービス、イベント等、本サービスに関する各種案内や賞品などを届けるため
    4. 弊社の商品・サービスの改善に当たっての各種アンケートを実施するため
  2. 前項の定めによるほか、弊社は随時あらかじめ利用目的を明示して利用者の同意を得たうえで、当該目的の遂行に必要な範囲内で新たに会員情報を収集、取得することがあります。この場合、弊社は、収集の際に明示した利用目的の範囲内でこれを利用します。
  3. 個別サービスにおける個人情報の確認については、東奥日報販売店等が所有する購読者情報と照合させていただくことがあります。
  4. 第1項第3号の利用については、利用者から中止要請があった場合、弊社の業務遂行上支障が生じる場合を除き、弊社はこれらの案内の送付を中止します。
  5. 個別サービスの利用に際して利用者が開示する個人情報等の取り扱いは、本規約によるほか個別のサービスごとに定めた諸規定によるものとし、利用者はこれに同意するものとします。

第7章 サービス利用に際しての遵守事項

弊社のサービスのご利用に際しては以下に定める行為(それらを誘発する行為や準備行為も含みます)を禁止いたします。
  1. 日本国または利用者が利用の際に所在する国・地域の法令に違反する行為
  2. 公序良俗に反するものや、他人の権利を侵害し、または他人の迷惑となるようなものを、投稿、掲載、開示、提供または送信する行為
  3. サービスの運営、提供を妨げ、信頼を失墜させる行為
  4. 第三者の著作権、知的財産権を侵害する行為
  5. 他人を差別・誹謗中傷する行為や虚偽事実を流布させ、他人の名誉を侵害する行為
  6. 弊社があらかじめ認める場合を除き、広告、営業目的と判断できる行為
  7. 選挙運動、またはこれに類する行為
  8. 宗教活動、またはこれに類する行為
  9. 弊社サーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害する行為
  10. ほかの利用者が使用するソフトウエア、ハードウエアなどの機能を破壊したり、妨害したりするようなプログラムなどの投稿、掲載、開示、提供または送信する行為
  11. 弊社が配信する広告、または、弊社が提供するサービス、広告を妨害する行為
  12. ほかの利用者の個人情報や履歴情報などを無断で収集したり蓄積したりする行為
  13. サービスを、提供の趣旨に照らして本来のサービス提供の目的とは異なる目的で利用する行為
  14. ほかの利用者の会員登録情報を使用してサービスを利用する行為
  15. 弊社のサービスに関連して、反社会的勢力に直接・間接に利益を提供する行為
  16. 社会通念を逸脱して性的な画像・文章などを掲示・提示する行為
  17. 手段のいかんを問わず、他人からメールアドレスやパスワードなどの会員情報を入手したり、他人に開示・提供する行為

第8章 著作権について

本サービスで提供されるデータ(文章、写真、その他著作物)に関する著作権は、当社または原著作者その他の権利者に帰属します。個人的な利用を目的として の印刷や保存等をする場合、その他著作権法により認められる場合を除き、該当データを当社、原著作者またはその他の権利者の許諾を得ることなく複製、改 変、公衆送信、他サイトへの転載等をする行為は著作権法により禁止されていますので、事前に当社にご連絡の上、許諾を得ていただくようお願いいたします。 なお、肖像、第三者の著作物・商標等が含まれている場合、当社が不適切と判断する場合等、ご利用をお断りする場合もあります。また、第三者および当社に不 利益や損害を与える行為、公序良俗に反する行為、その恐れがある行為、営利を目的とした行為などはこれを禁止します。

第9章 弊社に対する補償

利用者の行為が原因で生じたクレームなどに関連して弊社に費用が発生した場合、また弊社が賠償金などの支払を行った場合、利用者は弊社が支払った費用や賠償金など(弊社が支払った弁護士費用を含みます)を負担するものとします。

第10章 電子メールの受発信について

弊社は、利用者にパソコンや携帯電話などで閲覧できる形式で電子メールの受発信を随時行うことができるものとします。弊社が発信する電子メールは、各種 キャンペーン、会員制コンテンツなど、さまざまなメール配信サービスのほか、アンケート調査や取材協力の依頼など弊社が行う事業に関するお知らせも行いま す。弊社が電子メールの受発信を行う場合、利用者に登録いただいた同一のメールアドレスを使用するものとします。また、登録と異なるメールアドレスにて受 発信を行った場合、当該会員に不利益、損害が発生しても、弊社はその責任を負わないものとします。弊社がサイト上に掲載し、または会員に送る電子メール内 の情報については、弊社が選択および決定できるものとします。弊社指定の方法と異なる方法にて利用者が電子メールの発信を行った場合、当該会員に不利益、 損害は発生しても、弊社はその責任を負わないものとします。

第11章 広告掲載について

弊社は、提供する本サービスまたは個別サービスやソフトウエアに、弊社または弊社に掲載依頼をした第三者の広告を掲載することができるものとします。また、弊社は弊社に広告の掲載依頼をした第三者と利用者間のトラブルについては一切関知いたしません。

第12章 広告配信について

弊社は、第10章で記載したさまざまなメール配信サービスに、弊社または弊社に掲載依頼をした第三者の広告を掲載して配信することができるものとします。 また、弊社は弊社に広告の掲載、配信依頼をした第三者と利用者間のトラブルについては一切関知いたしません。

第13章 投稿などの削除、サービスの利用停止、登録会員情報削除について

弊社は、提供する本サービスを適正に運営するために、以下の場合にはあらかじめ通知することなく、データやコンテンツを削除したり、サービスの全部または 一部の利用を制限・停止したり、弊社で利用者の登録会員情報を削除したり、本サービスからの退会処理を行うなどの措置を講じることができるものとします。 また、 利用者が複数の個別サービスに登録している場合には、それらすべてに対して措置がとられる場合があります。
  1. 利用者が本規約に定められている事項に違反した場合、もしくはそのおそれがあると弊社が判断した場合
  2. 破産、民事再生会社更生手続開始、会社整理、特別清算開始の申し立てが行われるなど、利用者の信用不安が発生したと弊社が判断した場合
  3. 会員情報が反社会的勢力またはその構成員や関係者によって登録または使用された場合、もしくはそのおそれがあると弊社が判断した場合
  4. 利用者が一定期間にわたって本サービスまたは個別サービスを使用していない場合
  5. 利用者との信頼関係が失われた場合

第14章 外部委託について

弊社は本サービスの運営・提供について全部または一部を外部に委託する場合があります。委託を行う場合には、十分な個人情報保護水準を確保していること、 安定したサービスの運営・提供が可能であることを条件として委託先を選定し、必要となる関連契約を結んだ上で行います。

第15章 本規約の変更

弊社が必要と判断した場合には、利用者にあらかじめ通知することなくいつでも本サービス規約を変更することができるものとします。ただし、ご利用いただい ている利用者に大きな影響を与える場合には、あらかじめ合理的な事前告知期間を設けるものとします。また、変更された本サービス規約は、変更以前、以後に かかわらず、会員ID情報を登録したすべての利用者に適用します。

第16章 サービスの利用時間について

本サービスまたは個別サービスの利用時間は、業務上やシステムの技術上に支障がある場合をのぞき、原則的に年中無休1日24時間とします。ただし、システム点検やメンテナンス、または天変地異等でサービスが中断する場合があります。

第17章 通知または連絡

利用者が弊社への連絡を希望される場合には、弊社が設けた本サービスまたは個別サービスの問い合わせページまたは弊社が指定するメールアドレス、問い合わ せ専用の電話にて行っていただくものとします。弊社は、利用者からのお問い合わせに対する電話の応対、電子メールでの回答を原則として平日午前10時から 午後5時まで行います。また、弊社が利用者に対して登録内容に関する問い合わせやその他弊社が行う事業に関してご連絡する際には、ご登録いただいた情報を 基に電子メールや電話、郵送で行います。

第18章 退会

  1. 本サービス会員から退会される場合、所定の手続きに従い利用者自身が退会の手続きをするものとし、弊社が確認したことをもって利用者が退会したものとします。なお、本サービスの退会と同時に、利用者が登録しているすべての個別サービスについても退会処理が行われます。
  2. 各個別サービスの退会に関しては、当該個別サービスの規約の定めが優先して適用されるものとします。なお、利用者が登録し ている個別サービスを退会した場合であっても、本サービスから退会しない限り、弊社は当該利用者に関する個人情報を消去せずに保有し「プライバシーポリ シー」にしたがって取り扱うものとします。
  3. 弊社からの連絡がつかず、かつ本規約に違反する行為が行われた場合、会員に事前に通知せず弊社が退会手続きを行えるものとします。

第19章 規定の適用制限について

本規約の規定が利用者との本規約に基づく契約に適用される関連法令に反するとされる場合、当該規定は、その限りにおいて、当該利用者との契約には適用されないものとします。ただし、この場合でも、本規約のほかの規定の効力には影響しないものとします。

第20章 権利義務などの譲渡の禁止

利用者は、本規約に基づくすべての契約について、その契約上の地位およびこれにより生じる権利義務の全部または一部を、弊社の事前の承諾なく第三者に譲渡することはできません。

第21章 準拠法、裁判管轄

本規約の成立、効力発生、解釈にあたっては日本法を準拠法とします。また、弊社の本サービス(掲載内容や広告などを含みます)、ソフトウエアに起因または 関連して弊社と利用者との間で生じた紛争については青森簡易裁判所または青森地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

   2015年7月1日施行
   東奥日報社