本物の道具で挑戦したよ/美容師体験「キッズアカデミー」
 
「毛先をもう少しそろえて切ってみよっか」「すごい、髪(かみ)の毛がクルクルになった」 青森市の美容院(びよういん)「zip(ジップ)」2店舗(てんぽ)で、小学生以下を対象にした美容師体験「キッズアカデミー」が開かれました。約40人の子どもたちが、本物の美容院の道具を使いながら、ヘアカットやシャンプー、メイクなどを体験しました。

【JobJob探検隊】
 (さまざまな職業で頑張っている人たちを紹介)
 桜守/愛される木の命守る
  弘前公園に所狭(ところせま)しと咲(さ)く桜(ざくら)。同園の桜は、約100年前から人々に愛されてきました。この桜の木の命を見守っているのが桜守(さくらもり)です。 代々受け継(つ)がれてきた桜守の知識(ちしき)と技術(ぎじゅつ)を受け継ぐのは、樹木医(じゅもくい)・橋場真紀子(はしばまきこ)さん=大鰐町出身=(42)です。橋場さんは、弘前市公園緑地課に昨年発足(ほっそく)した「チーム桜守」の一員です。 同園に桜の木は、約2600本あります。そのうち、主役ともいえるソメイヨシノは約1700本。

【県内ゆるキャラ大集合】
 (みんなの街のゆるキャラが次々登場します)
 平川市観光キャラクター/ヤーヤくんです
 
平川市の「世界一の扇ねぷた」を題材にした観光(かんこう)キャラクター。2012年から県内はもちろん、遠くは関西、九州など各地で活動しているよ。 平川市の景色、温泉(おんせん)、おいしい食べ物が大好きで、性格(せいかく)は「もつけ」(お調子者)で「ちゃかし」(そそっかしい)。語尾(ごび)に「やどー!」を付けるのが口癖(くちぐせ)なんだ。カメラを向けられるとすぐ近寄(ちかよ)るんだって。今年の春からスマートフォン向けの無料通信アプリ・LINE(ライン)のスタンプを販売(はんばい)するよ。

【わがまち自慢】
 県内40市町村の歴史、文化、産業などを紹介しました
  (2011/6/19~2013/10/22まで連載)

【作品スナップ】
(読者から投稿のあったイラストを紹介)




【あおもりピカイチ・ビリデータ】
 ピカイチデータをもとに青森県の素顔に迫りました
  (2011/6/12~2012/10/2まで連載)


山谷さん(浜田小5年)が金賞/東京五輪ポスター  (2018.3.30)
三戸・杉沢小中学校で東奥日報紙記者が出前授業  (2018.2.22)
子どもたち懸命にボール追う/青森でサッカー教室  (2017.11.6)
東奥日報社「KIDSフェス」にぎわう/弘前  (2017.2.5)
NIE実践校の新規指定校を募集  (2017.1.18)
むつで「JuniJuni KIDS」フェス  (2016.12.3)
城西小児童が自ら弁当作り友達に披露/弘前  (2016.11.16)
「被害者にならないため」新聞から考える  (2016.10.8)
新聞配達エッセー、青森県から3人入選  (2016.10.1)
ラインメール選手らの技術学ぶ/青森で教室  (2016.9.18)


JuniJuni紙面説明

「週刊JuniJuni」では親と子の相談コーナーや投稿コーナーへのお便りを募集します。

NIEワイド「新聞 読んだ 考えた」の投稿用紙はこちらから

真馬ちゃんのタロット星占い

県内小学5、6年生のこども記者が自分で取材し、自分で記事を書く新聞。1月と8月の年2回発行。

第39号(2018.8.30発行)
バックナンバーを見る