12人 最後の卒業式/閉校の弘実藤崎校舎

2019年3月4日 14:27更新

本年度末で閉校する青森県藤崎町の弘前実業高校藤崎校舎(福士広司校長)で3日、卒業式が行われた。全国唯一の「りんご科」を持ち、リンゴ産業の人材育成を担ってきた同校舎に、最後の卒業生が万感の思いで別れを告げた。同校舎は、1948年度に県立黒石高校藤崎分校として開校。これまで計3593人の卒業生を送り出している。式には、卒業生12人中11人が出席。福士校長は式辞で、宮本武蔵の「我(われ)事において後悔せず」という言葉を挙げ「失敗を恐れず何にでも果敢に挑んでほしい。藤崎に深く根を下ろした校舎の最後の卒…

ログインして記事全文を読む

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文が読めます。
東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
東奥ウェブ読者くらぶに登録する

前のページに戻る
トップページに戻る