東奥日報プラス
2022年1月27日
着たまま混浴を楽しめる「湯あみ着の日」=青森市の酸ケ湯温泉
無料レンタルしている湯あみ着。子ども用もある
完成したタペストリーの前で、自作のパーツを指さして喜ぶ、河北町の森谷俊雄町長(右)と佐藤さん(佐藤さん提供) » この写真の記事へ
聴衆を前に息の合った演奏を披露する金木小津軽三味線クラブのメンバー » この写真の記事へ
展示の準備を進めるたやさん。併せて、まちなか情報センターが複製原画展を開催する » この写真の記事へ
それぞれのペースで周回を重ねるランナー » この写真の記事へ
巣の中から愛らしい姿を見せるウミネコのひな=21日午前9時40分ごろ、八戸市鮫町の「蕪島ウミネコ繁殖地」 » この写真の記事へ
保永堂版と丸清版2種類の浮世絵が並ぶ「歌川広重 二つの東海道五拾三次」=21日、弘前市立博物館 » この写真の記事へ
予選会で丸太合わせ輪切り競技に臨む下久保さん=21日、青森市のモヤヒルズ » この写真の記事へ
鏡絵を貼った大型ねぷた。28日夜に香川県琴平町を練り歩く » この写真の記事へ
スマートフォン版へ