東奥日報プラス
2021年10月21日
今館長(左)に翻訳本を寄贈するオユンビリグさん=五所川原市金木町の太宰治記念館「斜陽館」 » 記事に戻る
切り口が笑顔のように見える「笑い竹」。飾り付けを整え、ほぼ完成=2日午前、つがる市木造菰槌 » この写真の記事へ
優秀賞に選ばれた「あおもりりんご缶詰」(あおなび提供) » この写真の記事へ
優秀賞に選ばれた「津軽こぎん刺し ぽち袋」(弘前こぎん研究所提供) » この写真の記事へ
岡田専門監(手前左)の講義を受ける世界遺産ガイド養成講座の参加者 » この写真の記事へ
再発売される「遮光器土偶ニット帽」。今回は多くのカラーバリエーションが採用された » この写真の記事へ
来年の干支・寅を描いた津軽凧の制作を進める山内さん » この写真の記事へ
十和田市現代美術館の常設展示の新作「建物-ブエノスアイレス」。床面に横たわる人たちが、ミラーシートには壁の窓枠などにしがみついているように映る » この写真の記事へ
再会を喜び合った福井さん(手前)と原田さん(右)、山崎さん(中)。左は稲塚監督 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ