東奥日報プラス
2021年10月21日
新そばまつりの準備を進める久保理事長(左)ら戸鎖地区の住民有志=20日 » 記事に戻る
佐井村のアピオス商品を手にするGMUの(左から)森野、田中、堀川 » この写真の記事へ
村のキャラクター「雲丹(うんたん)」とポーズを取る3人 » この写真の記事へ
樋口秀視村長 » この写真の記事へ
海岸に奇岩が連なる景勝地「仏ケ浦」 » この写真の記事へ
オリジナルの法被と帽子を身に着け、乗客(右)に大鰐温泉もやしを販売するスタッフ » この写真の記事へ
18日に発売される「中みそ」監修のカップ麺 » この写真の記事へ
八戸圏域の企業を英文で紹介している「ORIGAMI」 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ