東奥日報プラス
2021年10月19日
全身にセンサーを付け、はしごに上ってリンゴを収穫する農園スタッフ(右)。左は野村医師 » 記事に戻る
ワン・グローカルが販売するジュースやネクター。希少品種の県産リンゴや桃を使っている » この写真の記事へ
発売したジュースなどを手にする鎌田社長(右から3人目)、柏木副知事(同4人目)ら » この写真の記事へ
百石町漁協所属の漁船上でホッキガイを選別する乗組員たち=3日午前7時半ごろ » この写真の記事へ
1月のコンテストに向け、関係者を招いて東北栄専で行った清水森ナンバレシピの中間試食会 » この写真の記事へ
中間育成棟からトラックの水槽へ移されるマゾイの稚魚=階上町の県栽培漁業振興協会 » この写真の記事へ
マゾイの稚魚 » この写真の記事へ
中村さんが試作したトマトのドルマ=青森中央短大提供 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ